プラセンタの効果・効能について

人気のプラセンタ商品TOP5のランキングはこちら

プラセンタの効果

プラセンタの歴史的効能

プラセンタは、古くから肝臓の治療薬として使われてきました。

しかし最近では、研究や患者の経過などから多様な効果があるということが分かっています。

プラセンタは胎盤から抽出した成分で、各種の細胞増殖因(HGF)だけでなく、
ビタミン・ミネラル・アミノ酸を豊富に含んでいます。

このHGFの働きによって細胞が活性化し、新陳代謝や血行を促進して免疫力や自己治癒力を高めてくれるため、
肌荒れや自律神経失調症・更年期障害・肩こり・神経痛・筋肉痛・胃潰瘍などに効果を発揮します。

また、肝炎・肝硬変・更年期障害・乳汁分泌不全・アレルギー性疾患・十二指腸潰瘍、急性歯肉炎胃潰瘍・慢性肝疾患・胃・辺緑性歯周炎などに対しても効果がある為、医療の現場で大活躍してきたのです。

最近は医療の枠を超え、美白・若返りなどの効能も注目を浴びています。

効果が肌の真皮まで届くため、皮膚の新陳代謝を促進されることで美白作用、保湿作用、抗炎症作用、
抗アレルギー作用、細胞分裂活性化作用を呼び、肌を若返らせる力を持っています。

また、皮膚細胞の分裂が促進される効果によって、メラニン色素が排出されることでシミが薄くなる作用、
メラニン色素の生産を促すメラオサイトを制御する作用が発揮されます。

さらに、表皮細胞、真皮の繊維芽細胞の代謝促進やエラスチン、コラーゲン、ヒアルロン酸の生産が促進される効果によって、しわが浅くなるように真皮の繊維芽細胞に直接働きかける作用が発揮されます。

医療の枠に留まらず、様々な分野で愛用されるプラセンタは歴史に裏付けられた効果を持っていると言えるでしょう。